« 星ほろり月うるり・パート3 | トップページ | 造園っちゅーのは... »

結婚式

11月23日(祝)。
大学時代からの大切な友人の結婚式でした。

式の間中、微笑みが心の底からこぼれてとまらなかった。ご両親へのふたりの感謝の気持ちに溢れた、本当に暖かな結婚式でした。ふたりの思いが伝わってきて、結婚式ってこんなにいいもんだったのか...と、参列した私まで一生忘れられない感動を頂きました。

そして、実は今回、としおさんとサポートのいっしーさんも駆けつけてくれて、結婚式にて、ひまわりラヂオで演奏させて頂いたのです。嬉しかった。その瞬間を共有させてもらえるだけでも胸一杯だったのに、曲を贈らせてもらうことができるなんて、本当に嬉しかった。音楽をやっていて良かったなあと思いました。誰かに音楽という形で思いを伝えることができる幸せ。今回演奏したことで、「演奏すること」そのものについても考える機会を頂いたような気がしています。誰のために、何のために、演奏するのか。自分のなかで何かがぐらりと変わる体験でした。

演奏曲目は、今日と変わらぬ美しい日が明日も訪れますように、との願いのこめられた、Carpentersの『Top of the World』と、オリジナルの『木漏れ日のした』です。

ライヴでも何度か演奏した『木漏れ日のした』は、この友人のために作った曲で、彼女のお父さんのお話がもとになっています。彼女のお父さんは結婚に際して、こうおっしゃったそうです。「娘と結婚する人には樹を植えてほしい。なぜなら樹を植えることができる人は、未来を信じることができる人だから。」 友人は、結婚報告のときに、そんなふうにお父さんが思ってくれていたことへの感動と、一緒に樹を植えることのできる人に出会えた喜びを話してくれたのでした。そのお話に込められた願いを歌にしたいと思って作った曲が『木漏れ日のした』です。その歌詞(つね&さやか合作)を、ふたりは結婚式の席次表に印刷してくれていました。

「今 私のために 小さな苗木から 大きな樹を 育てる人がいる」
この歌が、二人の心に少しでも届いてくれたとしたら、こんなに嬉しいことはないです。

泣き虫で優しい新郎さんと、ホッカイロのように暖かな新婦さん。
本当に素敵な結婚式をありがとう。
どうぞどうぞお幸せに!

071125_2033_01


|

« 星ほろり月うるり・パート3 | トップページ | 造園っちゅーのは... »

from さやか」カテゴリの記事

コメント

ビックリ!!

実は私も今日、古い友人の結婚式があって、
なんと同じ曲「top of the world」を歌ったのだ!

なんか、大切な人を祝いたい気持ちというのは
誰でもいっしょなんだなあ~って思ってしまった。

こないだは、一緒にお好み焼きをいただけて
とってもとってもとお~っても嬉しかったです。
来年も帰ってくるけど、そのときにはぜひひまラヂのライブに駆けつけられるようにしたいです。

投稿: すみえ | 2007年11月25日 (日) 22時54分

ほんとにイイ結婚式だったんですね。

読んでてとっても暖かい気持ちが伝わってきました。
家族や友人をとても大切にする‥ 素敵な友達ですね!

 

投稿: ひろ | 2007年11月26日 (月) 22時06分

すみえさんへ、

おおお、それはびっくり!
「Top of the World」,雲ひとつない青空のような、いい曲ですよね、
大切な人を祝いたい気持ち、ほんと一緒なのですね。

お好み焼き、ご一緒できて、こちらこそとおおおっても嬉しかったです。ひとりで寿司屋で酔ったという逸話には、やはり姉御と感じ入りました。ぜひまた来年も会えるのを楽しみにしています!!!それまでにお酒、強くなっておきます。

ひろさんへ、

コメント、ありがとうございます。
ほんと、いまだに思い出して胸が暖かくなるような、いい結婚式でした。

儀式っていいものですね。当たり前に流れていく日常のなかで足をとめて、周りの人への感謝の気持ちを伝えて、また新しい明日に向かっていく。そういうものなんだなあと今回の結婚式を経て思いました。

今回のブログは、この気持ちをどうしても書き留めておきたいと思って書いたものだったので、ご感想頂けてとても嬉しかったです。

投稿: さやか | 2007年11月26日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140254/9098512

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式:

« 星ほろり月うるり・パート3 | トップページ | 造園っちゅーのは... »