« 次回ライヴのお知らせ | トップページ | 明日ライヴです! »

向こう側/歌詞

唐突ながら・・・
奈良・飛鳥資料館でのライヴにて、歌詞を紹介してほしいというリクエストを頂いたので、以下にご紹介します。

「向こう側」               

薄紅色に夕焼ける空
あの日の行方探してる
流れる雲に尋ねてみても
優しく色を変えるだけ

後になって気づくこと
ゆらゆら形かえ
過ぎ行く季節の後に
思いは残されて

ことばの向こう側
眠り続ける声
光と隣り合い
揺れる影のように

いつかのあなたの涙の意味

うたた寝してた静かな午後に
いつかの空を夢見てる
開けた窓からふと舞い込んだ
幼い日々が届けた手紙

今になって分かること
さらさら流れゆく
止まらぬ時の合間に
願いは残されて

ことばの向こう側
眠り続ける声
真昼の空の上
かすむ星のように

明日の向こう側
廻り続ける空
伸ばした指の先
とまる星数えて

優しさの奥に潜む痛み

Ⓒ 2007 Sayaka Takeuchi. All Rights Reserved
※作品の著作権は竹内さやかに所属しており、無断転用・盗作等は固く禁じられています。

|

« 次回ライヴのお知らせ | トップページ | 明日ライヴです! »

from さやか」カテゴリの記事

コメント

さやか様

 こんばんは、先日、飛鳥でお目にかかった風人です。
 このたびは、リクエストにお答えいただき、ありがとうございました。今改めて読んでみると、歌で聴いたときにはわかりにくかったところもなるほどと思えました。
 やはり、聴くうたと、読むうたとの兼ね合いは、難しそうですね。
 
 さて、著作物を、このように、こういう形でアップすることについて、ひょっとして、ご無理をお願いしたのではないかと、実は、内心心配していました。僕などの考えの及ばないところで、不都合なことがあったりしないものなのでしょうか?もしそうだったとしたら、それをおして、わざわざここに書いていただけたこと、感謝いたします。もしそういうことがなかったとしても、初対面での、ぶしつけな申し出にお答えいただけたこと、大変うれしく思っています。本当にありがとうございました。

 こうなると、やはり、この歌をもう一度聴きたいということになりますね。そういう機会が、また巡ってきますことを、心待ちにしています。
 
 さて、ひまわりラジオに初めて出会ってから、はや一週間がたち、もう、明日は、次のライブとのこと。近くに住んでいれば、聴きに行くのですが、それもかなわぬ身には、皆さんの演奏が、聴く人の心に今度もまた優しく届くことをお祈りしています。
 
 これからも、更なるご活躍を期待しています。ではまた。

投稿: 風人 | 2008年5月18日 (日) 02時17分

風人さん、

コメントをありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ、思いがけぬリクエストを頂き、
とても嬉しかったです。
丁寧なお気遣いをありがとうございます。

聴くうたと読むうたの兼ね合いは、大きな課題の一つです。
耳と聴いて、伝わる言葉とそうでない言葉がある。
それを忘れないようにしたいと思います。

ぜひぜひ、またお会いできるときを楽しみにしています。
近畿ツアー、企画します!

投稿: さやか | 2008年5月20日 (火) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140254/20974666

この記事へのトラックバック一覧です: 向こう側/歌詞:

« 次回ライヴのお知らせ | トップページ | 明日ライヴです! »