« 2010年5月 | トップページ | 2010年10月 »

青海波

「青海波(せいがいは)の模様には日々の暮らしが静かな 波のように何時までも続くという意味があるんだよ」

NHK「ゲゲゲの女房」にて、母から娘に贈る着物の模様についての言葉です。
美しい言葉だなあと思いました。

この言葉を聴いて思い出した言葉。
「30年も1日1日の積み重ねなんだよ」

親友のお母さんの言葉です。
結婚を決めた彼女が夫婦円満の秘訣をお母さんに尋ねたときにもらった言葉だそうです。1日1日を大切に真剣に紡いできた人の言葉。

その後、その友人の結婚式にて、The CarpentersのTop of the Worldを演奏させて頂きました。
この曲にも美しい一節があります。

"There is only one wish on my mind
When this day is through
I hope that I will find that tomorrow will be just the same for you and me
All I need will be mine if you are here"

「今日という1日が終わるときに願うことはたったひとつ
明日も今日と同じような美しい日があなたと私に訪れますように
あなたがいれば幸せ 必要なものはすべてここにある」


静かな波のように、日々が続いていくこと。
今日と同じような明日が訪れること。

ときにその単調さに溺れて、幸せを見失うこともあります。
けれど、その奇跡。その幸せ。

それを心に留めていたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月

昨日は中秋の名月。昨日も今日も見事な満月ですね。

雨が降ったり曇ったりしたものの、まんまるお月さん、姿を見せてくれました。

きれいだなあ、まあるいなあ、ありがてえなあと、思わず手を合わせたくなるようなお月さんでした。

昨晩は、そんな月をみつつ、とある素敵な場所にて、お月見ディナーを頂きました。

貸し農園にあるログハウスで行われたお月見ディナー。3時間前に採れたばかりの時野菜のサラダ。満月をみたてた西瓜のポタージュスープなどなど。最後は月のうさぎの和菓子。

料理ってすごいなと感じ入るひとときでした。

お月さん、ありがとう。やっぱり秋っていいわあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋だねえ

すっかり秋らしくなってきましたね。

昨日は、ご近所のもくもく手づくりファームにて、収穫祭を楽しんできました。
ダービー券を熱く握りしめ、ミニブタさん、合鴨さん、ヤギさん、羊さんのレースを観戦。合鴨さん、小さいからってあなどれない。なにしろ、直線コースは飛ぶからね。逆走するヤギさんにはちびっ子半泣き。

三重県伊賀市に引っ越してからというもの、季節の変化をぐっと身近に感じるようになりました。なにしろ目の前が田んぼだからなあ。5月に稲を植えて、カエルの鳴き声激しい6月、暑い暑い夏がきて、すっと涼しい風がふいたら、収穫の時。田んぼをみていると、いのちは育つということ、季節は巡るということ、そんな当たり前のことを思わずにはいられません。

ご近所はすっかり収穫の秋。
秋はいいなあ。陽射しがやさしくて、風がさわやかで、空がたかくって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太鼓屋の夢

久しぶりの太鼓屋の登場でございますsun

う~ん 久しぶりすぎて、、、少しはずかしいです。

今日は私のかわいい息子たちを紹介しましょう!

Dscf4031→こちら、左がなすびくん
  そして右がピーマンくん。

なかなかかわいいでしょう!





太鼓屋の夢のひとつは「自給自足」。

まずはその第1歩ということでしょうか。

少しずつ、近況報告していきますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早起き

今朝は早起きをしました。
午前4時。文句なしの早起きです。
そんなわけで、大変久しぶりにブログを綴る優雅な朝なのです。

私は、昔から、睡眠がたくさん必要な人間だという根強い思い込みがあり、早起きはなかなかできないのですが、今朝思い切って起きてみたら、これがなかなかよい。

さっそうと、洗濯を干し、ピアノの練習をし、かるーく掃除まで済ませ、なんとその後、朝のお散歩。そして、日が高くなる前に花の水やり。ついでに、実家の父に電話して「今日は休肝日だよ」と釘をさす。なんと、ここで時計をみても、まだ6時半。どうしよう。なんて有意義な朝なの。

朝の散歩も愉快でした。
まだ多くの家の雨戸は閉まっています。目覚まし時計の音が聞こえてきたり、朝ご飯の準備をする食器の触れ合う音が聞こえてきたり。新聞はまだ郵便受けのなかから顔を出していて。夏だけれど、朝の空気は澄んでいて涼しい。まれにすれ違う人とは、笑顔で「おはようございます」を交わします。

夕方に歩くときには、少し挨拶するのが気まずかったり照れくさかったりするけれど、朝は、すがすがしく元気に挨拶できるから不思議です。多分、他にあまり人も出歩いていない朝という特別な時間にすれちがった嬉しさとか、「一日が始まるね」という気持ちとか、あるいは、朝から活動している人にわるいひとはいないという思い込みとか、いろいろあるんだろうなあ。

と、ここで時計をみると7時7分。
実に、早起きは3文の得だわ。
そういや、「我は朝を愛す・・・」とうたう詩もあったよなあ。まったくだよ、いい詩だよ。

いけないいけない。こんなに盛り上がると続かない。
だましだましいかなくては。

さて、そろそろ朝ご飯食べて一日の職務にあたります。
みなさま、今日もすてきな一日を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年10月 »